ぶらうにが語る映画と読書の備忘録

お前は何様なんだ!という批判は当然です。


漫画 / ハルコの晴れの日

★★★★★

星里もちるの地味だが、非常に良くできた佳作。

派遣秘書で惚れっぽい主人公のハルコが、様々な派遣先の『できる男』に惚れ、恋破れるまでの短編集。

こう書くと、いかにもハルコが軽薄女に捉えられるかもしれないが、ハルコ自身はとても優秀な秘書であり、夢見る乙女であり、惚れる男も誰もが認める仕事の出来る男たちなのである。

だが、ハルコの恋が破れる原因は、常に出来る男たちの欠点に依るところが大きい。

仕事は優秀だが、人間として肝心なところが欠落した男たち。しかし、この辺りの描き方が秀逸で私自身、身につまされる部分もあった。

どちらかが一方的に悪いわけではなく、双方の事情を絶妙なバランスで描いている。この辺りのバランス感こそが、私が星里ファンである理由でもある。

ハルコを影で支える大学時代の先輩の存在も心地良く、ラストは星里作品の共通のテーマである『居場所』で締めくくっている。

全2巻。サクッと心地の良い秀作である。

0
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。