ぶらうにが語る映画と読書の備忘録

お前は何様なんだ!という批判は当然です。


邦画 / 翔んで埼玉

★★★★★

一芸に秀でた俳優が真剣にバカを演ると荒唐無稽であっても上質な喜劇に仕上がる。

この『真剣にバカ』が重要である。

バカな映画だが、そこには『おちゃらけ』は一切ない。

都市伝説の一端として語られる物語の設定も秀逸ならば、その設定に説得力を持たせる俳優陣の熱演も凄い。

二階堂ふみ、 GACKT、伊勢谷友介はもちろんだが、脇を固める豪華俳優陣すべてがノリノリかつ真剣に演じているのが伝わってくる。

もう一回、観に行くたくなるコメディ。

迷ったら観るべきである。

こういう映画をいつまでも楽しめるジジィになりたいものである。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。