ぶらうにが語る映画と読書の備忘録

お前は何様なんだ!という批判は当然です。


邦画 / 未来のミライ

★★★☆☆

細田守監督の最新作。

私の周りでは評判はイマイチだったが、そんなに悪いとは思えない。

主人公のクンちゃんを中心とした日常は微笑ましいし、親子揃って観る映画としてはよく出来ていると思った。

登場人物もみんな魅力的である。

ただ個人的な好みでいうと、少し虚構部分への飛躍の仕方が極端な感じがした。

映画の雰囲気としては、前半部のクンちゃんの生活に未来のミライちゃんが関わってくるぐらいが丁度いい。

後半部の虚構世界へクンちゃんが関わっていく展開は逆に世界観が崩れてしまった印象が強かった。

子供が虚構世界に紛れ込む物語としては『千と千尋の神隠し』という大傑作があるが、それと比べるとまだまだ宮崎駿との実力差はある。

子供を描く物語は、難しいものだ。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。