ぶらうにが語る映画と読書の備忘録

お前は何様なんだ!という批判は当然です。


邦画 / 鬼龍院花子の生涯

★★★★★

昭和に儚く散った名女優、夏目雅子の代表作として知られる本作。

確かに夏目雅子は美しく、存在感溢れる演技である。

しかしながら、この映画は仲代達也の映画である。

とにかく仲代達也が演じるヤクザの親分、鬼政の迫力が凄い。

映画全編で圧倒的な迫力と存在感。

そこには演技を超えた鬼政という侠客が存在するのみであり、仲代達也という役者は存在しない。

この鬼政を観るだけでも、この映画を観る価値がある。

それに加えて夏目雅子の可憐さと、鬼政の妻を演じる岩下志摩の妖艶さである。

そして、五社英雄監督である。

日本映画の歴史に残る快作。

すでに数回観ているが、全く色褪せることがない。

圧倒的にお薦めである。

ちなみに鬼龍院花子は、夏目雅子が演じているわけでもないし、物語の主軸でもない。

未見の方は、勘違いのなきよう。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。