ぶらうにが語る映画と読書の備忘録

お前は何様なんだ!という批判は当然です。


邦画 / 竜二

★★★☆☆

ヤクザ映画に新風を巻き起こしたと言われる金子正次の主演映画。

それなりに顔を知られたヤクザの竜二は妻子のために、カタギになる決心をするのだが、平凡な生活は彼には物足りなくなっていく。

すごく面白かったのだが、観るタイミングを失した感が強く残った。

映画の内容以上に気なって仕方がなかった点があったからだ。

金子正次演じる竜二が、長渕剛そのまんまなのである。

もう表情、話し方、立ち振舞、間のとり方などがドラマ『とんぼ』における長渕剛。

作品の発表は本作の方が古いので、この映画における金子正次の演技が、長渕剛に多大な影響を及ぼしているのは明らかである。

正直なところ、演技のパクリである。

長渕剛の俳優としての底の浅さのようなものを感じずにはいられなかった。

折角の金子正次の代表作にして遺作である快作を素直に楽しむことが出来なかった惜しい気持ちだけが残る結果となってしまった。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。