ぶらうにが語る映画と読書の備忘録

お前は何様なんだ!という批判は当然です。


邦画 / 花とアリス

★★★★☆

岩井俊二監督の青春映画。

憧れの先輩を記憶喪失だと信じ込ませ、付き合い始める花と、彼女の親友アリス。三人の微妙な想いがもつれていく。

岩井俊二監督の作品は『Love Letter』や『四月物語』など独特な映像美が印象深い。

既に何回か観ているが、最初に観たときはちょっとシナリオに着いていくのが大変で戸惑いを感じた。

2回目以降、ある程度の物語を前知識と知って観ると、なかなか味わい深い作品である。

なぜ、1回目にはそれほど楽しめなかったのか。

おそらく、この映画に関しては、監督が撮りたいカットやシーンが優先されているからではないかと思う。

岩井作品は映像美と音楽が巧みに融合され、観ている側に心地よさを与えてくれる。

そのため、本作のように印象に残るカットやシーンが優先されると、おのずとシナリオが見え難くなるデメリットが生じる。

『Love Letter』では、その辺りのさじ加減が抜群だったため、傑作になっている。

この作品は物語自体、大したものではない。

しかし、岩井作品らしく、それを補って余りある美しい世界がある。

主演の鈴木杏と蒼井優の瑞々しい演技も光る。

岩井作品の雰囲気が嫌いな人には、退屈な印象しか残らないかもしれない。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。