ぶらうにが語る映画と読書の備忘録

お前は何様なんだ!という批判は当然です。


邦画 / ドラゴンクエスト ユアストーリー

★☆☆☆☆

劇場公開時、ラストに関して賛否どころか否しかなかったという話題性満載の作品。

刮目してみた。

まずドラゴン・クエストというビッグコンテンツを全く咀嚼しないままに脚本化してしまう愚かさ。

RPGの醍醐味は成長物語である。
その辺りを全く描かず、いきなり『ベギラゴン!』もないだろう。

そんな調子なので、全く登場人物に感情移入できない。
ドラクエに夢中になった人ほど冷めていく悪循環。

そんな展開にやはり無理を感じたのか、制作陣が考え出したアイディアがあのラストである。

私は奇をてらう人間は相当に自己顕示欲が強いという印象がある。

どんでん返しを狙ったのかもしれないが、そこにはドラクエへの愛も感じないし、ただただ人と変わったことをしたかったという勘違いが残っただけだった。

変な自己顕示欲を示さず、素直に作っておけばよかったのに。

そんな虚しさだけが残る映画だった。

0
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。