ぶらうにが語る映画と読書の備忘録

お前は何様なんだ!という批判は当然です。

「書評」に関する記事


小説 / 9・11倶楽部

★★☆☆☆ 馳星周の小説。 新宿の救急救命士の織田は、路上で倒れていた少女を助ける。その縁から都知事の浄化作戦により両親を中国に強制送還された戸籍のない子どもたちと生活することになる。 日本ノワール小…

続き


エッセイ / 大放言

★★★☆☆ 『永遠の0』や『海賊とよばれた男』などのベストセラーで知られる百田尚樹のエッセイ。 読後、まず思ったことは『言葉の切り取り』の怖さ。 バッシングを受けた数々の発言も前後の文脈をしっかり読め…

続き