ぶらうにが語る映画と読書の備忘録

お前は何様なんだ!という批判は当然です。


邦画 / 日本で一番悪い奴ら

★★★★★

白石和彌監督による北海道県警の覚醒剤、拳銃売買の実話を描いた異色作。

白石監督には『極悪』や『孤狼の血』などイヤーな気分になりつつも画面から目を離せない魅力がある。

そして、綾野剛である。

悪徳刑事での調子ののり方、薬物中毒者に堕ちた際の哀れさ、情けなさの演技には一見の価値が十分過ぎるほどにある。

この作品は、間違いなく綾野剛の代表作だ。

朴訥な青年警官が汚職に手を染め、悪徳刑事となり、薬物中毒にまで堕ちるさまを熱演、いや怪演している。

正直、この映画を観るまでは綾野剛を過小評価していた。器用な役者だとは思っていたが、こんな深さを持っていたのだと思い知らされた。

脇を固める俳優陣、いずれも熱演であり、力強い名作と言えるだろう。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。