ぶらうにが語る映画と読書の備忘録

お前は何様なんだ!という批判は当然です。


ノンフィクション / 司馬遼太郎が描かなかった幕末

★★★★★

司馬遼太郎の作品から『世に凄む日々』と『竜馬がゆく』を取り上げ、史料との差を詳らかにしている。

驚くのは司馬遼太郎の作品内における虚構の多さ。

数々の小説の中で印象に残っている箇所が史料による裏付けがない事実に一番戸惑いを感じた。

それが逆に司馬遼太郎の大衆小説家としての力量を表しているとも思う。

内容は決して司馬遼太郎の否定で終始する本ではないので、司馬遼太郎のファンは一読の価値はある。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。