ぶらうにが語る映画と読書の備忘録

お前は何様なんだ!という批判は当然です。


洋画 / ピクセル

★★★☆☆

1982年、人類はNASAが宇宙に向けて『友好』のメッセージを発信した。2015年、そのメッセージは大きな誤解を招き、奴らがゲームキャラに姿を変えて攻めてくる。

宇宙からの侵略者がギャラガ、アルカノイド、パックマン、ドンキーコングといった様々なレトロゲームキャラとなり、地球各地に攻め込んでくる。そこで白羽の矢を立てられたのは、1980年代にゲームチャンピオンだった冴えない中年たちである。

物語の基本的な骨子は、『ゴーストバスターズ』であり、地球侵略の物語だが悲壮感は全くない。

すべてはノリと勢いだけで突き進むかたちで、肩の力を抜いて楽しめる内容となっている。

一番の見所は、NY市街で繰り広げられるパックマン戦。制作サイドのゲーム愛が伝わってくる出来栄えである。

主人公たちは全く格好良くなく、さほど魅力的でもない。しかし、それを補って余りあるゲームキャラたち。1980年代、ゲームセンターやファミコンでドットキャラを操った中年ゲーマーは必ず楽しめると思う。

0
tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。