ぶらうにが語る映画と読書の備忘録

お前は何様なんだ!という批判は当然です。


小説 / 暗手

★★★★★

馳星周の初期作『夜光虫』の続編。

前作で闇社会に堕ちた主人公がイタリアでサッカー賭博の仕掛け人となる。

馳星周の小説はエログロ暴力裏切り絶望が常だが、それ故にマンネリ感も強い。

本作は、エログロ描写が控え気味で読みやすくなっている。

その分、主人公が犠牲者を陥れる過程が丁寧に描かれている。

馳星周ファンとしては、それを可とするか否とするかで評価が分かれるのではなかろうか。

私は、一気読みしたので高評価とする。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。