ぶらうにが語る映画と読書の備忘録

お前は何様なんだ!という批判は当然です。


小説 / 殉死

★★★☆☆

司馬遼太郎が描く乃木希典の物語。

乃木希典というと明治天皇崩御に殉じた軍人という知識しかなかったので興味深く読むことができた。

陸軍大将にまでなり有名な軍人だったので、先入観で優秀な人物だと思っていたのだが、事実は全く異なっていた。

司馬遼太郎によれば、これほど無能な軍人もいないとのこと。

無能ゆえに自らの人生を奇妙なまでに律することしか自己を見いだせなかったのだろうか?

先入観とのギャップが大きく予想以上に楽しめたが、他の司馬小説に比べると爽快感に欠ける。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。