ぶらうにが語る映画と読書の備忘録

お前は何様なんだ!という批判は当然です。


ノンフィクション / 最強の武道とは何か

★★★★☆

極真会館の空手家であり、K1でも活躍したニコラス・ペタスの著書。

著者が日本の伝統武道を身をもって体験し、その特徴を読み手に解りやすく伝える内容となっている。

初めて体験する各武道の奥深さを理解する手段は、極真空手で培った日本魂を判断基準にしており、非常に真摯な態度で好感が持てた。

そこには極真会館がナンバーワンという奢った姿勢は全く感じられず、より強く、より深く、より高くを目指した一人の武道家の覚悟があった。

ニコラス・ペタスという武道家の人となりが伺い知れてお薦めの一冊。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。