ぶらうにが語る映画と読書の備忘録

お前は何様なんだ!という批判は当然です。


邦画 / 孤狼の血

★★★★☆

役所広司、松坂桃李主演の刑事ドラマ。

良くも悪くも地元暴力団との太いパイプを持つベテラン刑事を演じる役所広司。その役所広司の直属の部下となる新任の松坂桃李。

地元暴力団の抗争を止めようと常軌を逸した行動に訴える役所広司に振り回される松坂桃李だが、彼には秘めた任務があった。

役所広司が脂ぎったギラギラのベテラン刑事を怪演している。こういった役所広司は珍しいのではないか。広島弁がよく機能している。

役者の好演以上に気になったのは演出。

冒頭から痛みを伴う粘着質な撮り方である。

映画終焉までこの雰囲気は続くのだが、なんとも後味の悪い嫌悪感溢れる演出なのである。

にも関わらず、最後まで観る者を離さない力が確かにある。

どうも既視感のようなものを感じると思ったら、『凶悪』を撮った監督だった。

強く納得してしまった。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。