ぶらうにが語る映画と読書の備忘録

お前は何様なんだ!という批判は当然です。


小説 / 天才

★★☆☆☆

かつての政敵であった田中角栄を石原慎太郎が角栄自身の自伝形式で語る。

とにもかくにもこの本が大ベストセラーになった要因は、あの過激な石原慎太郎が田中角栄の人生を綴るという一点に尽きると思う。

実際、私もそのクチだ。

石原慎太郎の本は一冊も読んだことはなかったが、漠然と攻撃的な文章を予想していたので意外にも淡白な語り口で驚いた。

率直に言えば、石原慎太郎らしくない『特徴のない文章』というのが正直な感想。

このギャップがずっと気になってしまい、今ひとつ没頭できずじまい。

政権争いやロッキード事件などショッキングな人生を語っている割にインパクトが感じられないのもその淡白な語り口のせいであると思う。

文章としては非常に整理されていて読みやすくもあるので、田中角栄初心者にはお薦めかもしれないが、この本を買った読者層の多くは物足りなさを感じたのではなかろうか。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。