ぶらうにが語る映画と読書の備忘録

お前は何様なんだ!という批判は当然です。


漫画 / pupa (ピューパ)

★★☆☆☆

『怪物化した妹が兄を喰らい続ける』という設定に強く惹かれて読んでみた。

つまらなくはない。

ただ、惜しい。ただ、足りない。

それは何かというと『おぞましさ』だと思う。

怪物化する妹の造形が読者の想像を超えてこないため、『兄を喰らう』という行為に背徳感が感じられない。

いっそ、あの可愛い妹の姿で兄を喰らうさまを描いた方が『おぞましさ』が増したかと思えなくもないが、それだとおそらくグロ過ぎる。

やはり作品の最大のキーポイントは、やはり怪物の造形だろう。

そうすれば、ラストの締め方も効果的だったのではないか。

とても惜しい気がした。

0
tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。