ぶらうにが語る映画と読書の備忘録

お前は何様なんだ!という批判は当然です。


邦画 / 逆境ナイン

★★★★★

島本和彦の漫画を映画化。

監督は『海猿』を撮った羽住純一郎なのだが、同じ監督だとは思えないほど遊んでいる。もちろん、誉め言葉だ。

原作が好きで好きでしょうがないという想いがビンビン伝わってくる。

原作の雰囲気にすごく拘って撮られている愛溢れる映画である。

それは出演している俳優陣も同じことで、おそらく全ての出演者が原作漫画を読んでいる。

特筆すべきは主人公を演じた玉山鉄二の熱演はもちろん、マネージャー役の堀北真希の可愛さはもう反則レベルだ。

いわゆる『バカ映画』だが、本気の全力投球で作られたバカ映画だ。

文句なく★5つだ。

機会があれば、DVDの副音声オーディオコメンタリーを視聴することもお薦めしたい。

爆笑間違いなしだ。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。