ぶらうにが語る映画と読書の備忘録

お前は何様なんだ!という批判は当然です。


邦画 / エヴァンゲリヲン 新劇場版:序

★★★★★

ヤシマ作戦までを改めて映像化した劇場版。

冒頭こそ新カットで再構成した作りだが、中盤以降独自の新脚本の連続で公開当時、非常に興奮した覚えがある。

特に葛城ミサトを中心とした『大人の事情』がより多く語られている点が新しく、この先の展開、登場人物に描き方にどのような変化があるのか素人ながらに予想するのが楽しかった。

それは第二作、第三作で大きく予想を上回ってくるのだから流石である。

単体で観ても十分水準以上の面白さはあるが、TVシリーズを視聴済みの方が何倍も面白さが増すのは言うまでもない。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。