ぶらうにが語る映画と読書の備忘録

お前は何様なんだ!という批判は当然です。


漫画 / イエス

★★★☆☆

安彦良和によるイエス・キリストの伝記。

安彦良和は数々の歴史事件を独自の解釈で漫画化しており、新約聖書の世界をどのように描き出すのか興味深く読んだ。

新約聖書の入門書としては抜群に解りやすく、イエスがどのようなことを行ったのか?ということを知る上では非常に良く出来ている。

ただ、本作を読んでイエスに共感や尊厳を抱くかといえば否である。

本作のイエスは人格者であったかもしれないが、単に口が上手いだけなのかもしれないという印象もあり、『人間』として描かれているからだと思う。

それはそれで面白いアプローチである。

ラストエピソードでもある『イエスの復活』についても、作者なりの解釈、演出がなされているがカタルシスまでは感じない。

安彦良和の美しい描線は相変わらずだ。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。