ぶらうにが語る映画と読書の備忘録

お前は何様なんだ!という批判は当然です。


洋画 / スターリングラード

★★★★★

ジュード・ロウ主演のスナイパー映画。

ウラル地方の羊飼いにすぎなかったヴァシリが、たまたま居合わせたロシア将校にスナイパーの腕を認められ、またその将校が広報担当ということもあり、戦時プロパガンダの材料として祭り上げられる。

狙撃手としての功績よりも士気高揚の材料としての価値を重要視されることへの葛藤が見応えがある。

さらに敵のドイツ軍に送り込まれる凄腕スナイパーとの対比が光る。

ロシアで英雄視されているヴァシリよりも圧倒的に勝っっており、それをヴァシリが『絶対に勝てねぇ』と認めてしまっている。

何度かの対決でも仲間の支援や犠牲により何とか生き残っている。

所詮は『ウラルの田舎者じゃん』という実像を生々しく描いていて、戦争のプロを相手にすると成す術もないという点がリアルであった。

地味だが、凄く面白い。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。