ぶらうにが語る映画と読書の備忘録

お前は何様なんだ!という批判は当然です。


小説 / ハケンアニメ!

★★★★★

ハケンアニメとは、そのクールにおいて覇権を制するアニメのことを指す。

タイトルからしてライトノベルと勘違いされがちだが、アニメ制作に関わる様々な人々の愛溢れる群像劇であり、ドラマである。

主人公は章立てで異なり、プロデューサーであったり、監督であったり、作画担当であったり、町興しの役人だったりする。

そのエピソードそれぞれにアニメに対する愛情を感じ取ることができるが、ここでいう愛とはアニメ的なコケティッシュなものではなく、もっと広義な意味での愛である。

人生の意義とか温もりとか至福感とか、上手く言えないが広がりのあるものを受け取った。

それぞれのエピソードが泣かせるうえに、クライマックスの畳み掛け具合は卑怯なぐらいに豪華で見事である。

文章から作者の誠実な人柄が伺い知れるようで、読書中の心地よさは格別であった。

絶対に読んで損する一冊ではない。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。