ぶらうにが語る映画と読書の備忘録

お前は何様なんだ!という批判は当然です。


邦画 / モテキ

★★☆☆☆

人気漫画をドラマ化したものの劇場版。

原作漫画を読み、連続ドラマも視聴済み。

結果から言うと、ドラマ版の方がずっと面白かった。

主人公演じる森山未來の弾けっぷり&迷走が映画版ではドラマ版に負けていた。

もちろんドラマ版の尺をタップリ使った演出という点も差し引いて考えないといけないのかもしれないが、どうしても物足りなさを感じてしまうのが正直なところ。

主人公を迷走させるヒロインに長澤まさみというのは十分破壊力はあるが、ドラマ版における野波麻帆、満島ひかり、松本莉緒、菊池凛子の波状攻撃の前には迫力に欠ける。

ドラマ版を観ていなければ、それなりに満足したかもしれないが、ドラマ版を視聴したことを前提に撮られた映画なので、この辺りのジレンマが残る。

ヒットドラマの映画化というのは、よほど注意していかないと難しい。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。