ぶらうにが語る映画と読書の備忘録

お前は何様なんだ!という批判は当然です。


洋画 / バンテージ ポイント

★★★★☆

大統領狙撃事件の犯人を事件に関係した人物のエピソードを繰り返し見せることで明らかにするという演出が光る佳作。

一つの事件を多面的な視点から描き、徐々に真実に迫るやり方はとても良かったと思う。

実際、この事件を時系列に描いてしまえば、大した脚本ではない。

アイディア一つで非常に魅力的な脚本になるし、なんと言っても2時間足らずの編集で一気に魅せた監督の手腕を評価したい。

いわゆる大スターは出演していないが、B級映画というわけでもなく、上質なサスペンスドラマとなっている。

わりとお薦め。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。