ぶらうにが語る映画と読書の備忘録

お前は何様なんだ!という批判は当然です。


洋画 / オータム イン ニューヨーク

★★★☆☆

リチャード・ギア&ウィノナ・ライダー主演。

高級レストランを経営する中年独身貴族と、癌に冒され余命いくばくもない美学生の短いラブストーリー。

まず特筆すべきは、秋のニューヨークの美しさ。

多くの映画でニューヨークを観てきたが、この映画のニューヨークは本当に美しい。

そして、そのロケーションに負けないリチャード・ギアの存在感がまた凄い。

金持ちのプレイボーイ役を実に卒なく演じ切っている。

物語自体は、よくありがちな悲恋ものだが、ニューヨークの景色とリチャード・ギアの格好良さだけでも見る価値はある。

別れを経たラストシーンにおいて、そのプレイボーイの面影を全く感じさせない演出&演技も流石である。

ウィノナ・ライダーも華のある女優だったが、万引き事件を起こしスターダムから消えてしまった。本当にもったいない。

物語や完成度よりも『雰囲気』を楽しむ映画。

賛否両論あるとは思うけど。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。